欧米言語文化専攻

欧米言語文化専攻の博士前期課程は、高度な学習への需要に対応し、学部教育で得た欧米の言語文化に関する知識や外国語能力を高め、専門的職業に必要な思考力・応用力・行動力を身に付けて、多様化する社会を支えることのできる人材の育成を目的とします。

欧米言語文化専攻の博士後期課程は、創造性豊かな高度の研究能力と、優れた学識・企画力・公表力・自立力とを備えて、研究・教育機関の中核を担う研究者や、多様化する社会を支えることのできる職業人の育成を目的とします。

  • カリキュラムの特徴
  • 論文題名一覧
  • 教員一覧

カリキュラムの特徴

欧米言語文化専攻の4つのコースの特色は以下の通りです。どのコースを専攻しても、他のコースや関連科目、また他専攻の科目を履修できます。欧米言語圏の特定の地域について幅広く学ぶことによって、自らの研究をより広く豊かなものにすることができます。

教育課程表欧米言語文化(PDF) 

指導サポート体制

本研究科では、複数の研究指導教員から指導が受けられる「複数指導体制」をとっています。また、教職志望者のために「TA制度」を積極的に活用しています。これは、博士前期課程の院生が学部学生への指導補助、博士後期課程の院生が博士前期課程の院生への補助指導を行うもので、実際の授業で指導補助を行うことにより、本人の指導法のトレーニングにもなります。

英語教育・英語学コース

本コースにおいては、言語理論から、英語教育を含む応用言語学まで、多彩なカリキュラムのもとで、受講生の要望に応じて専門的な研究を行います。英語教育学研究、第二言語習得論、心理言語研究、統語論などの講座を設け、研究の分野においても、実務の分野においても、将来、専門家として活躍できる人材の育成を目指します。特に、英語教育の講座では、中学校・高等学校ですでに教師として活躍している社会人に対し、社会のニーズに応じた最新の英語教育法を指導することを目指します。

英米文化・英米文学コース

文学の分野においては、高度な英語力を基礎として、英語圏で生み出された中世から現代に至る詩・小説・演劇・批評などを学際的視点に立って研究し、言語・人間・思想・文化・歴史・社会などへの洞察を深めることを目的とします。文化の分野においては、高度な英語力を基礎として、英語圏の国や社会の政治・経済・文化・歴史・思想などについて学際的視点に立って研究し、特定の地域への理解を深めるとともに、国家・地域間に生じる問題、異文化間の交流、文化表象などへの理解を深めることを目的とします。また、さらなる研究を望む受講生に対しては、博士後期課程への進学が可能な専門的な知識や語学力を身につけることができる講義を行います。

スペイン語圏言語文化コース

スペイン語圏言語文化研究の継続、またスペイン語を母語とする教員のもとでのより高度な研究の継続、といった外国語学部スペイン語学科学生からの要望に応え、本コースではスペイン語圏の言語・歴史・文学に関する深い理解と考察力を涵養し、同時にスペイン語の高度な運用能力を有する人材の育成をも目指します。

比較言語文化コース

本コースではグローバル化・複雑化する国際社会において活躍できる人材を養成するために、多文化・多言語化或いは複文化・複言語化しつつある個別社会の現状を踏まえて、種々の言語や文化について研究します。また、複数の文化・言語の比較対照研究や、文化の超域的研究、応用言語学研究を行います。本コースは、文化や言語についての高度な探求に必要な知識とその活用力、専門的な分析力、さらに研究成果を発表するための表現力を身につけた人材養成を目指します。

国際日本文化研究コース

このコースでおこなう日本文化の研究は、(1)研究の仕方に海外の視点を組み入れる、(2)日本文化研究・日本語教育研究を海外に発信する、(3)海外からの留学生を歓迎する、という3側面に「開かれた」ものです。学生は、日本近代文学、日本中世演劇論・史論、国際日本学、日韓対照言語学、日本語教育学の分野を専門的に研究することができます。

外国語学研究科概要
3つのポリシー
欧米言語文化専攻
中国言語文化専攻
『言語と文化論集』の刊行
大学院生の声
卒業後の進路