『言語と文化論集』の刊行

最近の出版物

2017年3月

言語と文化論集 特別号

  • 中国言語文化専攻 博士後期課程修了(2016年3月)
    博士学位論文
    清末の中国人日本留学生に関する研究
    ―主に留学経費の視点から 
    胡 穎

2017年2月

言語と文化論集 23号

  • 韓国語母語話者を含む日本語日常会話における褒めと自己卑下の連鎖
    ―会話分析の視点から― ……永野 美菜
  • 朱樓、(1982) における「話題」について……青木 萌
  • 時態助詞“着”の意味と時相構造……横山 昌子
  • 現代中国語の特定疑問文の意味と論理 ……胡 杰
  • 大連における東北料理店の店名について
    店名構造を中心に……楊 洲

2016年12月

言語と文化論集 特別号

  • 中国言語文化専攻 博士後期課程修了(2016年3月)
    博士学位論文
    現代中国語の使役構文の意味研究
    横山 昌子

2016年2月

言語と文化論集 22号

  • アンジェラ・カーターのフェミニスト小説における操り人
    形とおとぎ話の用い方-『魔法の玩具店』、「紫の上の情事」と「血染めの部屋」を中心に ……長者菜央子
  • 『ハックルベリー・フィンの冒険』における黒人表象 ……鈴木惠介
  • 地域ボランティア日本語教室における学習者間学習
    ―教師の学習者間学習への関わり― ……中江由貴
  • 朱樓、(1978) のS4“的”構文における「断定基準成分」 ……青木 萌
  • 「VR 研究の問題点と意味分析」 ……横山昌子
  • 『三言』の研究―小説から見る水神信仰 ……王 子成

2015年9月

言語と文化論集 特別号

  • 中国言語文化専攻 博士後期課程修了(2015年3月)
    博士学位論文
    現代中国語における副詞 “在” の意味と論理
    青木 萌

2015年3月

言語と文化論集 特別号

  • 外国語学専攻 博士後期課程修了(2014年3月)
    博士学位論文
    「終戦直後における中国人留日学生の境遇と選択:1945〜1952
    ―主に『中国留日学生報』を通して―
    田 遠

2015年2月

言語と文化論集 21号

  • Forma y contenido de La vida es suenode Caldero´n de la Barca -Una aproximacio´n a la literatura espanola del siglo XVII ……渡邉友里恵
  • 時の副詞的補語との共起関係から見た過去形の分類 ……山本佑樹
  • 現代中国語の副詞“都”の意味と論理 ……青木 萌
  • 複文で用いられる接続副詞“还” ……横関里美
  • 「在…V」と「V 在」について ……横山昌子
  • 現代中国語発話動詞の意味機能と方言分布 ……安信美紀
  • 「説文解字」について無属字の部首の研究 ……杨   玲

2014年8月

言語と文化論集 特別号

  • 英語英文学専攻 博士後期課程修了(2014年3月)
    博士学位論文
    Factors Affecting the Effect of Error Corrections
    大 場 衣 織

2014年2月

言語と文化論集 第20号

  • 『初夜』にみる女性の自己実現
    イアン・マキューアンが描く人間の欲求 ……國岡 なつみ
  • 日本人英語学習者の"go"に関する連語と教科書の扱い
    ―学習者コーパスを利用した連語指導の改善に向けて ……今田 健蔵
  • Phase 理論によるvacuous movement とwh 島の 問題についての一考察 ……田口 祐衣(75)
  • 教師育成における修復の役割
    ―マイクロティーチングの会話分析 ……バッタ バイクンタ
  • 日本語助詞「の」の研究 ……于 飛
  • 副詞"在"の意味解釈と問題点 ……青木 萌
  • 現代中国語における"在"構文の意味と論理構造 ……横関 里美
  • VR 構造を基盤とした使役文 ……横山 昌子

『言語と文化論集 第20号』の正誤表を以下に示します。
訂正してお詫び申し上げます。

228頁9行目 (誤) (字は黒板に書いてある。)
(正) (黒板には字が書いてある。)

2013年8月

言語と文化論集 特別号

  • 中国言語文化専攻 博士後期課程修了(2013年3月)
    博士学位論文
    中国大陸と台湾における現代中国語指示詞の対照研究
    "这・那"から見た遠近認知の違いについて
    鈴木 進一

2013年8月

言語と文化論集 特別号

  • 中国言語文化専攻 博士後期課程修了(2013年3月)
    博士学位論文
    中国語における比較構文の意味と論理
    干 飛

2013年2月

言語と文化論集 第19号

  • スペイン広場―英国でのイメージと日本でのイメージ―……横溝 史子
  • 修復連鎖におけるコード切り替え:
    日本語第一話者と第二話者の会話……門馬 真帆
  • コミュニケーション能力の育成に有効な連語の提案
    ―学習者コーパスを利用した連語指導の改善に向けて―……今田 健蔵
  • 高等学校検定教科書分析から考える関係代名詞の指導法
    〜従来の指導法からの脱却と新提案〜……宮木 慎
  • 中国語の比較構文―意味と論理構造―……于 飛
  • 『西湖二集』の研究
    ―明清時代の通俗文学と杭州の地域文化……翁 嘉
  • 百年日本汉语教材中的职业称谓词―社会语言学的视角……崔 春子

2012年2月

言語と文化論集 第18号

  • 『ある貴婦人の肖像』―ラルフ・タチェットの病気と疎外……大江 充
  • A Critical Analysis of Barack Obama's Rhetorical Strategies:
    Rethinking the Rhetorical Presidency……加藤 拓也
  • 中国における日本語教育の現状
    ─日本語学習者に対する意識調査─……于 飛
  • 日本初级汉语教材语法项目综合分析……崔 春子

『言語と文化論集 第18号』の正誤表を以下に示します。
訂正してお詫び申し上げます。

  (誤) (正)
125頁 17行目 日本語教育新聞社 日本語教育学会
125頁 21行目 日本語教育新聞社 日本語教育学会

2011年2月

言語と文化論集 第17号

  • ポーの探偵小説を読む
    ―その文化的背景と語りの技法―……大貫 友歌
  • 『夏の夜の夢』における三つの文化の融合
    ―妖精パックの役割―……宗形 舞
  • 中国語における動詞"给"が形成する"给"構文……張 仲霏
  • 中国語構造助詞「的」の歴史的変遷
    ―表記と構造から考える―……于 飛
  • 学習ニーズの多様化に対応する日本語教材開発の取り組み
    ―復旦大学日本語学習状況調査による「学習当事者ニーズ」の検討とその効果―……田中 祐輔  張 玥

2010年07月

言語と文化論集 特別号

  • 英語英文学専攻 博士後期課程修了(2009年3月)
    博士学位論文
    Good Foreign Language Learners:
    A Case Study on the Graduates of Sapporo Agricultural College 1880-1885
    赤石 恵一

2010年2月

言語と文化論集 第16号

  • ダイムノヴェルと奴隷制
    ーヴイク夕一『モーム・ギニーとそのプランテーションの子どもたち』……山口 ヨシ子
  • 学習者の間違いと教師による訂正のフィードバックにおける関係性……大場 衣織
  • 中国における日本語教育
    〜大連、長春の大学を事例に〜……源元 圭吾
  • 現代中国語指示詞の研究史
    ー"这、那"を中心にー……鈴木 進一
  • 中国語と英語の形態をめぐって……張 仲霏

2009年2月

言語と文化論集 第15号

  • 「インプット貧困環境」におけるリキャストとプロンプトの有効性……大場 衣織
  • From the Neverland to the Midnight Garden: The Changing
    Representation of Boys in Children's Literature……小川 一樹
  • 对外汉语教学与方言环境略论……张 仲霏
  • 『三言二拍』中の「離合集散」物語について
    −プロップの「機能」説による分析の試み−……黄 暐
  • "What's in a name?"
    −『ロミオとジュリエット』における性質詞の劇的効果−…… 竹村 麻希

2008年2月

言語と文化論集 第14号

  • 《牡丹亭》中叹词探析……刘 海燕
  • 現代中国語における使役構文の意味と論理構造
    ーその二「V得構文」ー……温 琳
  • 日本人学生の言語評価
    神奈川大学で行った予備調査に基づいて一……宮本 大輔
  • English filler you know:
    an approach from relevance-theoretic account……山田 大介
  • 簡素化使用域としての「野球トーク」
    社会言語学的考察ー……石黒 敏明

2007年2月

言語と文化論集 第13号

  • 言語学の興味と方法……武内 道子
  • 英語のイントネーション研究ーその抽象度ー……澤村 香代子
  • 言語形式のメタ心理的機能「のに」の場合……松尾 貴哲
  • 『金瓶梅詞話』における「西門慶」の罵倒語の研究……渡辺 博文
  • 王夫之の雑劇『龍舟曾烈女報冤』をめぐって
    一唐代傅奇『謝小蛾傅』から清雑劇まで一……黄 暐
  • 「広東要明鶴同郷会」について……武吉 彩華
  • 「ローマのほうをより大事にしたからだ」
    一比較対照構文に見るブルータスの選択肢ー……橋本 侃

2006年10月

言語と文化論集 特別号

  • 英語英文学専攻 博士後期課程修了(2005年3月)第1号記念号
    博士学位論文
    Women in the Days of Shakespeare and His Plays
    -Education, Eloquence and Marriage-
    濱田 あやの

2005年12月

言語と文化論集 第12号

  • ワーズワスと芭蕉……岩崎 豊太郎
  • Going Beyond the Gender Boundary: Female Virtues and Gender Reversal in Romeo and Juliet……濱田 あやの
  • 英語のイントネーション分析
    トナリティ(tonality), トニシティ(tonicity), トーンズ(tones)の分析と教育的活用……安田 香織
  • 近代中国文学作品における罵倒語の使用の要因
    一情動による考察ー……渡辺 博文
  • 『詩経』から見た色彩語……劉 渇氷
  • 雲南省都市部における民族語使用状況
    一少数民族出身大学生の予備調査に基づいて一……宮本 大輔
  • 「"把"構文」の目的語について……布川 雅英

2004年12月

言語と文化論集 第11号

  • ワーズワースの想像力一「行商人」と『序曲』……岩崎 豊太郎
  • 英語の会話におけるイントネーションの役割……澤村 香代子
  • 日本人の幼児における動詞構文の発達について……松尾 貴哲
  • 白居易的"贈内詩"……黄 暐
  • 中国における危機言語問題
    一言語転用が招く言語の死一……宮本 大輔

2003年12月

言語と文化論集 第10号

  • 英語イントネーション体系についての考察……澤村 香代子
  • アイロニー表現とエコー発話……座間 直樹
  • トーマス・マロリーにみる死の受容
    一剣と杯から読み解くアーサー王物語一……福江 千帆
  • 心的表象とメタファ一……松尾 貴哲
  • 外国語教育における読み書き指導
    一教育的アプローチから見たWhole Language とPhonics……松野 あかね
  • BUTとYET一関連性への意味論的制約……山田 大介
  • オニール劇の本流……吉岡 健吾
  • 『横浜居留地の清国人の様相と社会的地位』
    一明治初期から日清戦争までを中心として一……佐々木 恵子
  • 『訓蒙字曾』の音韻体系……山村 敏江

2002年12月

言語と文化論集 第9号

  • イメージと文芸……近藤 正栄
  • スーザン・ウオーナー 『広い,広い世界』……姜 福順
  • メタ表示と伝達……座間 直樹
  • 英語教育におけるリズムとイントネーションの習得……鹿内 芳貴
  • 関連性理論の意味論:二種の記号化……山田 大介
  • ユージン・オニールの家庭劇の系譜……吉岡 健吾
  • 現代中国語の「時相」と「時態」の意味研究……加藤 宏紀
  • 「"把"構文」中の"着" (zhe) について……布川 雅英

2001年12月

言語と文化論集 第8号

  • 文芸批評の原点
    一文明と文化の相関性一……近藤 正栄
  • 指示表現lt とthat の解釈と関連性……山田 大介
  • 动态语言
    一依据语言的自然法则对中国语教育的提言一……万 清华
  • 談話分析の単位としての「アクト」……國府方 麗夏
  • オニールの女性像
    一母なる神の創造一……吉岡 健吾

2000年12月

言語と文化論集 第7号

  • 文芸批評の視点……近藤 正栄
  • 『切韻指掌図』の基礎方言およびび、撰述年代……山村 敏江
  • 「"把"構文」中の"了"について……布川 雅英
  • 第二言語習得における文字の影響……国府方 麗夏
  • 超音语法结构 语言学内部自然存在的法则一音等论……万 清华
  • 「満州国」における日本人の西洋音楽の足跡……高橋 裕子
  • 研究ノート 明治期における『新約聖書』の日本語訳考……河合 勇治

2000年3月

言語と文化論集 第6号

  • 英文学にみる恋愛観(6)
    ーピューリタニズムとロマンテイシズムのはざま一……近藤 正栄
  • チョーサ一、ベン・ジョンソン、シェイクスピアにみる中世錬金術と「変容」……濱田 あやの
  • アスペクトの一考察一非対格性動詞についてー……塚原 南欧子
  • 『ワインズパーグ・オハイオ』一新しい現実一……東山 嘉一
  • ワイルド文学の源流としての童話作品……大野 成司
  • 結果補語と意味指示一述語倫理による結果補語の意味研究一……加藤 宏紀
  • 第二言語習得における会話調整とコミュニケーシヨン方略……森田 あかね
  • 三つの観点からみる形容詞の性質……津國 能江

1998年12月

言語と文化論集 第5号

  • 英文学にみる恋愛観(5)
    ーピューリタニズムとロマンティシズムのはざま一……近藤 正栄
  • 英語形容詞の動調化
    一認知意味論的分析一('clear'の場合)……荻野 隆聡
  • A Cognitive Semantic Analysis of English Adjectives
    一英語形容詞の認知意味論的分析一……日景 由貴
  • Our Exploits at West Poley(1892-3) にみる Hardyの不安と焦燥……大野 成司
  • 林語堂の幽黙ーその一側面についてー……高橋 基代枝

1997年11月

言語と文化論集 第4号

  • 英文学にみる恋愛観(4)
    ーピューリタニズムとロマンティシズムのはざまー……近藤 正栄
  • 中国語語音体系における語音の単位……萬 清華
  • 「タ」と「テイナイ」の一考察……塚原 南欧子
  • 「そして」/「それから」の一考察……日景 由貴
  • ネル・ネムルの意義素……荻野 隆聡
  • 「方」の意味についての一考察……清水 晶
  • 『英文熟語集』の現代性……柗本 トモミ

1996年11月

言語と文化論集 第3号

  • 英文学にみる恋愛観(3)
    ービューリタニズムとロマンティシズムのはざま一……近藤 正栄
  • ハムレットの独白"to be, or not to be"の新たな展開
    ーハムレットの心の軌跡ー……濱田 あやの
  • ハックとジムのヒーロー像再考……大野 成司
  • カーヴァー・カントリー
    ーRaymond Carverの作品世界を探る一……東山 嘉一
  • 日本語教育における他言語の知識の必要性……長沢 朋也
  • 「音等」と文法的単位……萬 清華
  • 才子佳人小説をめぐって一三言を題材に一……松本 照美
  • 日中戦争下の上海に生きた映画人一張善琨……矢野目 直子
  • 間島領土交渉をめぐる一考察……谷川 雄一郎

1995年11月

言語と文化論集 第2号

  • Proverbs in Medieval English Drama……Mikiko ISHII
  • 英文学にみる恋愛観(2)……近藤 正栄
  • 誤訳の解剖(3)……国広 哲弥
  • 近世漢語の可能補語について……布川 雅英
  • 汪精街の日本観(1904年一1925年) ……檜山 京子
  • 同治回彊叛乱前史(簡略版)……荒川 優
  • 「ストレス」による「去」と「来」の文法上の意味・機能についての分析……萬 清華

1994年3月

言語と文化論集 第1号

  • 序言……国広 哲弥
  • 英文学にみる恋愛観(ー)
    一ピューリタニズムとロマンティシズムのはざま一……近藤 正栄
  • 十九世紀末『イエロー・プック』の頃のイギリスの文人達……小泉 公史
  • A Study of Polysemy……荻野 隆聡
  • 日英語の動詞形態構造の比較
    一日本語学習の視点から一……長沢 朋也
  • 日本における英語教育と「オーラルコミュニケーション」考察……花嶋 康晃
  • D.H. ロレンス研究
    一『馬で去った女』及び『チャタレイ夫人の恋人』に共通する「人間の根源的自我の回復」について一……塩崎 祐一
  • 翻訳文学における翻訳者の翻訳観の影響
    一明治初期翻訳小説『欧洲奇事花柳春話』を題材に一……松野 達
外国語学研究科概要
3つのポリシー
欧米言語文化専攻
中国言語文化専攻
『言語と文化論集』の刊行
大学院生の声
卒業後の進路