ニュース

スペイン語学科 スピーチコンテストが開催されました(6月29日)

2017年6月29日(木)横浜キャンパス16号館セレストホールにて、神奈川大学外国語学部 <文化ウィーク2017> 実行委員会、スペイン語学科主催、神奈川大学人文学会後援によるスペイン語スピーチコンテストが行われました。このコンテストは、外国語学部文化ウィークの一環として、学生が主体となって企画・運営する連続イベントの1つです。スペイン語学科生が日頃の学修成果を発表し競うものです。

コンテストには学修経験によって3つのカテゴリーがあります。 Categoría A(詩や物語の暗唱、コントなど個人またはグループ発表。原則として2年生まで)。Categoría B(自作のテーマでの個人発表。原則としてスペイン語圏滞在経験が1年未満の学生)。そして、Categoría C(自作のテーマでの個人発表。原則としてスペイン語圏滞在経験が1年以上の学生)です。コンテストの入賞者には賞状と副賞が与えられます。他に、審査員特別賞や観客が選ぶ特別賞、参加賞があります。

Categoría Aの出場者は、中国でとても有名な「沈丁花」の歌をスペイン語で歌い上げました。 Categoría Bでは、数名の出場者により社会問題に始まり、スペイン語を学ぶ意欲に対する持論や、サッカーチームの話題など幅広いスピーチが行われました。今年は講堂ではなく、舞台がある16号館セレストホールが会場だったこともあり例年にも増して、緊張感が伝わってきました。

慎重な審査の結果、以下の演目が入賞となりました。

Categoría B

1位 Mi historia con el español
2位 ¿Para qué nos sirven las lenguas?
3位 ¿Qué es lo más importante para aprender y estudiar español?

審査員特別賞

Una adelfilla
Mi primer viaje al extranjero

観客が選ぶ特別賞

Mi historia con el español
¿Para qué nos sirven las lenguas?