ニュース

中国語学科 社会貢献講演会 「多重露光:折り重なる中国イメージ―王我(ワン・ウォ)監督を迎えて」を開催しました

2019年10月24日に中国語学科主催の社会貢献講演会が開催されました。

今年は、中国実験ドキュメンタリーのパイオニアでもあり、著名なグラフィック・デザイナーとしても知られる王我(ワン・ウォ)氏をお迎えし、「多重露光:折り重なる中国イメージ」と題してご講演をいただきました。

王氏は、ユーモアと批評性に富む、自らの映像作品とポスター・デザインを例に、同じ画面の中に複数の異なるイメージを折り重ねる「多重露光」とも言うべきユニークな視覚言語について紹介されました。

とりわけ、代表作である『According to China(折騰)』に見る、中国のニュース映像の中から真実を手繰り寄せる圧巻の手さばきには、学内外の聴講者から、中国社会とそこに生きる人間のリアルな姿に触れられたのみならず、グローバル社会に蔓延するフェイクニュースの存在について思考を促されたとのコメントが数多く寄せられました。