スペイン語学科

スペイン語を通して世界を見つめ、コミュニケーション能力を駆使してグローバルに活躍する人材を育成。

スペイン語は、スペインやラテンアメリカをはじめとする21の国と地域の公用語で、世界で約5億人とされる話者人口は、今後さらに増加していくとみられています。本学科では、スペイン語学習をベースに、スペインとラテンアメリカの社会や文化を学ぶほか、スペイン語圏を取り巻く世界についても深く学び、グローバル社会を理解するための多角的な視点を養います。また、これを支える英語のスキルも磨いていきます。

DATA

「スペイン語」はヨーロッパ・南北アメリカ大陸を中心に世界に広がる言語

約21カ国以上 約4.6億人

スペイン語学科の特色

目標と関心で深める2つのコース

言語文化コース 地域文化コース

言語文化コース

スペイン語を多角的な視点から学び、ビジネス社会で通用する実践的能力を磨くためのコース。会話、文学講読、時事文講読、通訳・翻訳講座などの多彩な授業を通じて、これからの時代に求められる実力と教養を備えたスペイン語のプロフェッショナルを目指します。

地域文化コース

スペイン語圏の地域文化に通じたスペシャリストを目指す人のためのコース。政治経済や地域事情について理解を深めつつ、文学や芸術といった分野まで幅広く学び、国際社会で活躍するための見識と教養を身につけます。

詳しくはこちら

4年間の学修イメージ

スペイン語をツールに、多彩な世界の扉を開く。

世界でも多様性に満ちたスペイン語圏の文化や言語を学ぶことは、様々な価値観に触れながら、多角的なものの見方を身につけることにつながります。国際的にラテンアメリカの影響力が大きくなりつつある今、ラテンアメリカ諸国の抱える諸問題、人々の価値観を深く理解した上で日本とスペイン語圏の国々を舞台に活躍できる人材は、これからますます必要とされていくでしょう。きっかけは、「なんとなくスペイン語に興味がある」だけでも充分。言語そのものの奥深さから世界の多様な考え方まで、スペイン語を学ぶことで、可能性は無限に広がっていきます。

  • TALK 初めて接するスペイン語をわかりやすく

    文法の初歩からスタート。会話はネイティブ・スピーカーの教員が担当し、少人数クラスできめ細かい授業を行います。

    1週間の時間割(例)
  • TOGETHER 学びを広げる

    スペイン語を身につける必修科目と、スペイン語圏の文化・歴史・社会を深く学ぶ選択必修科目をバランスよく修得。

    スペイン語圏留学プログラム(希望者)
    4か月間のスペイン留学。アリカンテ大学またはサンティアゴ・デ・コンポステーラ大学で規定のプログラムに参加し、学科で定めた成績を収めると、最大20単位が取得できます。

  • CHOOSE
    • 言語文化コース

      PRACTICE

      「実践的な運用力」を磨く スペイン語の運用能力を鍛えながら、スペイン語によって結びついた文化・社会の多様性について学び、ビジネス社会で活躍できるコミュニケーション力を身につけます。

    • 地域文化コース

      DEEPEN

      「スペイン語圏」への理解を深める スペイン語圏とそれに隣接する国々の政治経済・文化・地域情勢を深く理解することで、多種多様な価値観に柔軟に向き合える力を身につけます。

  • GO GLOBAL スペイン語と英語を駆使して世界へ

    スペイン語と英語のコミュニケーション力を鍛錬しつつ、グローバルな活躍の場を見据え、4年間の学びを締めくくります。

  • 特徴ある授業

    スペイン語と専門分野を学ぶ
    バラエティー豊かな科目群

    スペイン語は会話・文法・講読を段階的に学習。また、スペインやラテンアメリカの文化・歴史・社会についても専門的に学べる科目群が充実しています。

    詳しくはこちら
  • アクティビティ

    スペイン語を活かして取り組む
    さまざまな課外活動

    スピーチコンテストやスペイン語劇、スペイン語圏文化のイベントなど、実践的な学びの場がたくさんあります。

    詳しくはこちら

留学プログラム

VOICE

授業紹介

宮城清花さん (2年・2020年度)

「スペイン語圏芸術研究セミナー」では、授業を通してスペインの文学作品を読んでいきます。この授業で扱う作品は当然、スペイン語ネイティブの小説家が書いているため、文法の授業では出てこないような単語や表現が多く出てきます。中でも比喩表現は、筆者の感性が表れるため難しく、しかし同時にとても面白いものです。 例えば、Isabel AllendeのDos palabrasという作品に出てくる”las patitas de mosca”、直訳すると「ハエの脚」という意味になるこの言葉は、暗喩としてあるものを表しているのですが、それは何だと思いますか?授業で作品を読んでいくと、答えがわかるだけではなく、この表現になった理由が腑に落ちるような、興味深い文学の世界が待っています。 作品を読み解くのは難しいものの、他の受講生と意見交換をしたり、先生が難しい単語や表現をかみ砕いて解説したりしてくださるので、作品とスペイン語の両方に対する理解が深まります。
また、授業ではスペイン語を「読む」だけではなく、「書く」機会も多いです。一人一回、スペイン語圏の小説家について、スペイン語でパワーポイント資料を作り、スペイン語で紹介します。緊張もしますが、それは他の受講生も同じであり、発表後には先生から詳しい紹介を兼ねた添削・アドバイスを受けられるため、受講生それぞれが紹介する小説家への興味を深めつつ、スペイン語の運用能力を高めることができます。

日本文学とは一味違うスペイン文学の面白さと、文法の授業とは全く違う切り口で行われるスペイン語の学びを掛け合わせた授業。それが「スペイン語圏芸術研究セミナー」です。

授業紹介

立川夏海さん (2年・2017年度)

「スペイン語演習Ⅱ(A-2)(会話)」は、ネイティブの先生によるオーラルを中心とした授業です。レベル分けはされていないので、色々なレベルの学生と授業に臨みます。基本的な教材はテキスト1冊ですが、ユニットやテーマによって先生がレジュメや動画などを用意してくれます。スピーキング、ライティング、リスニングのどの要素も含まれる授業です。季節イベントが近いとそれに関する勉強などもあり、スペイン語を非常に身近に感じることが出来ます。会話練習をペアでやってみたり、発表をしたりなど、実践も多くあります。

私の授業を担当するバロン先生は、とてもユーモアに溢れていて、授業はとても楽しいです。ちょっとしたジョークも交えながら授業を進めていきます。勿論、内容についても分かりやすく説明してくださいますし、こまめに質問はあるかと聞いてくださるので、すぐに疑問点も解決できます。授業中は基本的にスペイン語で行われますが、ゆっくりと生徒に分かりやすいボキャブラリーで話してくださるので理解に苦しむことはありません。ネイティブの先生なので、現地ならではの言い回しや文化・習慣なども教えてくださいます。教室内は堅苦しい雰囲気ではなく、楽しみながらでもしっかりとスペイン語に触れることができます。近くの席の同級生と、「この表現はこうなるのではないか」「こういう言い回しも出来るのではないか」と気軽に相談できるのもこの授業の良い点ではないでしょうか。
会話の授業とはいえ、予習復習は必須です。会話でいちばん重要なのは単語。単語が分からなければ会話は成立しません。授業の前日にしっかりと予習を行って授業に臨めば、何の不安もないと思います。読み書きが出来ても、会話が出来なければコミュニケーションは取れません。私が会話の授業でいちばん「出来ているな」と実感できるのは、先生が何か面白いことを言った時に理解して笑えた時です。自分の伝えたいことが言えるように、毎授業取り組んでいます。

永田滉さん

活躍する卒業生

永田滉さん 2017年3月卒業 大学院に進学

【大学時代に頑張ったこと】
 大学時代はとにかく勉強と部活の両立に力をいれました。もともと関心があったのはトルコ語でしたが、「スペイン語もできたらかっこいいな」というのがきっかけでスペイン語学科に入学しました。大学では、いつも1番前の席に座って授業を受けていました。あくまで個人的な意見ですが、最前列は周りの目(特に後ろの人)を気にせず質問ができる、というメリットがあります。分からないことがあれば、まず自分で調べて、それでも難しければ先生に聞く。先生とのコミュニケーションは非常に大切です。距離を感じたら、距離を縮める努力をすることが大事かなと思います。
 スペイン語学科はアットホームでウェルカムな雰囲気があり、他学科の人たちとも仲良くしていました。とても積極的な子が多く、ちょっと勉強でつまづいてもお互いに励まし合っていたので、次第にスペイン語力もコミュニケーション能力も向上しました。 学内外のスピーチコンテストにも参加しました。2年次には学年を超えて優勝できたことを、今でも誇りに思っています。当時スペイン語圏への渡航歴がなかった自分でも、伝えようとする努力をすれば結果は自分のものになると実感した瞬間でした。
 部活動については、15歳からボクシングをやっていたので、早々にボクシング部に入部しました。週に6回の練習で、最初はついていくだけで大変でした。ただ、「なぜついていけないのだろう」と考え、空き時間などに自主練を取りいれました。3年生のときには、全日本選手権に出場し、準優勝という結果を残せました。自分の努力の成果もあったかもしれませんが、つらいとき、大変なときに支えてくださった監督、先輩後輩、家族、友人の存在が何より大きかったです。


【大学院に進学】
 神奈川大学を卒業後、ご縁があり東京外国語大学の大学院でスペイン語とジェンダーに関する研究をしました。これには特別な理由があります。皆さんは「LGBT」などの言葉を聞いたことがあるでしょうか。私は女として生まれ、現在も戸籍上は「女性」ですが、ずっと自分を「男性」だと思って、「男性」として生活しています。それで、自分と同じように、生まれた時の性別と認識している性別が一致していない、自分がどちらの性別として生活しているかわからない人たちが、男性/女性で名詞を分類するスペイン語をどのように使うのかということに興味を持ったのです。
 例えば、スペイン語で「私は先生です」と言うとき、「私」が男性であれば、「先生」という単語を男性形(profesor)にしなければいけません。反対に女性の場合は女性形(profesora)にする、というルールがあります。ただ、このルールは性別に悩みを抱える人たちにとって不便ではないのだろうか? この議論はスペインを発端に始まったものなので、スペインに行き何名かにインタビューをし、問題の分析を行いました。当事者だからこそできた研究であり、当事者意識は大切だなと思いました。
 言語の研究は、医学の研究などと比較すると一見なんの役に立つのか、と思うかもしれません。しかし、言語は社会や個人のアイデンティティにつながるもので、重要な役割を果たします。自分の研究が卒業後も人の役に立っていると聞き、人生における苦労や大学時代の勉強は決して無駄ではないと思いました。


【新入生へのメッセージ】
 大学生時代に頑張ったことは、卒業後の生活にとても役立っています。遊びも、勉強も、それ以外の活動も、すべてが「学び」を得るための最高の機会ですから、大事にしてください。そして、私が充実した大学生生活を送れたのは、家族、先生方、職員の方、友人、部活動関係者、住んでいた寮でお世話してくださった方々のおかげです。この感謝の気持ちを忘れないことで、今も充実した日々を送れています。自分から行動すること、そして感謝の気持ちを忘れないことが、大学生生活の成功のカギだと思います。頑張ってください!

石橋佳門さん

活躍する卒業生

石橋佳門さん 2021年3月卒業 白光株式会社

【大学時代の学び】
 私の大学生活は、「挑戦」という言葉につきると思います。大学2年生のとき、メキシコへ長期留学しました。中学、高校と短期留学の経験はありましたが、長期留学は初めての挑戦でした。また、スペインへ留学する人が多い中で、私はあえてメキシコへ留学しました。私が選択した留学先は新しい協定校だったので、準備や現地での生活など、何をするにも手探りで、まさに挑戦そのものでした。現地での勉強は、スペイン語以外にも、将来に役立ちそうかにかかわらず、興味をもったことには何でも挑戦しました。留学の締めくくりには、1人旅に挑戦しました。エアチケットとホステルだけ確保して、遺跡など行きたい場所への行き方は現地の人に聞いて、旅行会社と価格交渉して、英語は使わないという自分のルールを決めてスペイン語のツアーに参加して… とにかく挑戦できることは全部やりました。


【卒業後の仕事】
 現在、製造業の知的財産管理(特許権とか商標権とか)という仕事をしています。法律という新しい分野への挑戦です。仕事で使う言語は日本語と英語が中心で、ここでも技術英語という新しい分野を開拓中です。生まれてから大学までずっと東京に住んでいましたが、現在は大阪で一人暮らしをしています。いわば大阪留学です。大学で培った新しい環境や新しい分野に挑戦する力が、いま活かされていると思います。留学して鍛えたスペイン語は仕事ではあまり使いませんが、国際交流などのイベントに参加して活用しながら、その勉強は継続しています。


【在校生・受験生へのメッセージ】
 私は高校生の頃からスペイン語を学んでいましたが、スペイン語学科のほとんどの学生が大学からスペイン語をはじめた人ばかりです。初心者でスタートした人も、留学に挑戦して色んな経験を積んでいます。何事もやってみなければ、好きか嫌いか、得意か不得意かなんて分かりません。やらずに後悔するよりやって後悔した方が自分の経験として次に活かせると、私は信じています。大学は好きなこと、少しでも興味を持ったことなど、色んな事に挑戦できる場所・期間だと思います。

竹内桃子さん

活躍する卒業生

竹内桃子さん 2015年卒業3月卒業 株式会社ドコモgacco

【大学時代の学び】
 スペイン語学科に4年間在籍して学んだことは「自分の頭で考える」ということです。所属していた片岡先生のゼミでは、スペイン語と日本語の構造の違いや共通項を探ることをしていました。今、振り返ってみると、意識しないと見落としてしまうような細かいところにも気づくことが出来たり、疑問を持つこと、そしてそれについて考える力が鍛えられる時間だったと思います。
 また大学2年次の夏季休暇中には、サラマンカ大学に約1ヶ月の短期留学をしました。スペイン語を学んでいたものの、それまで一度も日本を出たことはありませんでした。しかし、スペインに滞在することを通して、自分の中の世界=日本であった所から、身を持って自分の認識する世界が広がったことを実感しました。


【卒業後の学びや仕事】
 卒業後は、働きつつもスペイン語を改めて学びたいという思いから社会人向けの語学学校で勉強し、サンティアゴ・デ・コンポステーラ大学の短期留学コースで学びました。現在はMOOC(大規模公開オンライン講座)プラットフォームを運営している会社で講義動画のチェックやお客様の対応等の業務に携わっています。オンラインサービスのため、学ばれている皆さんの姿は実際には見えませんが、様々な年代の方が意欲的に学ばれている姿勢に刺激を受けています。学ぶことは自分の世界を広げ、日々の生活を豊かにしてくれるものなのだと改めて感じています。


【在校生・受験生へのメッセージ】
 これからの人生の中で自分は何を選んだら良いのか、どちらの方向へ向かえば良いのか、悩むこともあるかもしれません。だからこそ、純粋に興味をもったことや自分が役に立てそうなことなど、何でもひとまずやってみる、疑問を持ったらとことん考えてみる、といった風に経験を積んでいくと良いと思います。その結果がどのようなものであっても、経験することそのものが人生の糧となり、その中で自分の人生の指針のようなものがはっきりしていくのではないかと感じています。

教員紹介・ゼミナール&卒業論文

経験豊富で個性あふれる教員たちと学ぶ

詳しくはこちら

MESSAGE

スペイン語学科からのメッセージ

スペイン語を母語とする話者の人口は4億8千万人にも上ります。これは中国語に次いで世界で2番目に多い話者数です。母語話者以外でスペイン語を話す人も含めれば、その数は5億人をはるかに超え、その重要性は多くのスペイン語話者を抱える米国でも高まっています。日本には11万人近くが暮らしており、各地にスペイン語話者のコミュニティーがあります。これからの時代、スペイン語のもつポテンシャルは計り知れません。
また、広大なスペイン語圏にはさまざまな国があり、異なる歴史、文化、自然環境、またそれに基づく多様な価値観を持った人々が暮らしています。スペイン語学科では、スペイン語だけでなく、こうした人々が生きる社会や文化の意義、スペイン語圏の国々を取り巻く世界の動きについても学んでいきます。スペイン語を媒介に世界を見ることで、ものの見方や価値は1つではないことを実感し、固定観念にとらわれない考え方を身につけましょう。
スペイン語やスペイン語圏の諸事情に精通し、多文化共生に貢献できる人材を育てること――それがスペイン語学科のモットーです。