2つの選べるプログラム

2020年4⽉、新プログラムスタート

3年次より、スペイン語の実践的運用能力を磨き上げるための「言語文化コース」と、スペイン語圏の政治経済、地域事情を深く理解するための「地域文化コース」の2コースに分かれ、興味のある分野を専門的に学べます。学科独自の留学制度も新設されます。

ビジネス社会で通用するスペイン語の実践的運用能力を鍛えます。また、スペイン語をコミュニケーションの道具として学ぶだけでなく、その仕組みや歴史、他言語との関係なども学べる科目群やゼミナールを開講します。これからの時代に求められる実力と教養を備えたスペイン語のプロフェッショナルを育成します。

特色
  • 4つの技能をバランスよく伸ばす多彩なスペイン語科目群の中から、目的にあった授業を選択することができます。スペイン語科目はすべて少人数制で、科目の特徴に合わせて、日本人あるいはネイティブ教員からきめ細やかな指導を受けることができます。
  • 「ビジネス・スペイン語」、「スペイン語通訳・翻訳講座」、「スペイン語時事文講読」、「スペイン語アカデミックライティング」など、スペイン語のプロフェッショナルを目指す人のニーズにも応える科目も開講されています。
  • スペイン語の仕組みや成り立ち、他言語との関係などを詳しく学ぶことで、言語を学ぶおもしろさを実感できます。
  • スペイン語の運用能力に加え、多様化が進む世界で必要となる知識と教養を身に付けるための科目も選択できます。

スペイン語の基本的な科目群に加え、スペイン語圏諸国 の政治経済・文化・地域事情などを理解するための多彩 な科目群とゼミナールを開講します。スペイン語圏に関 する専門的な知識を土台に、グローバル化が進む現代社 会を見つめ、多様な文化に柔軟に向き合うことのできる 知性と教養を備えたスペシャリストを育成します。

特色
  • スペインとラテンアメリカ諸国の社会を理解するための科目群がバランスよく配置されています。異なる歴史的背景を持つ国々の文化や地域事情を広く学ぶことで、様々な視点から物事を考察することができるようになります。
  • 政治経済から文学、芸術論など、幅広い分野をカバーする講義科目群が開講されており、スペイン語圏の社会・文化の多様性について、各分野の専門家から学ぶことができます。
  • 深い教養と知性を身に付ける多彩な講義科目のほか、スペイン語の運用能力をさらに伸ばすための演習科目も選択できます。
  • スペイン語圏ではないものの、ラテンアメリカに位置し、世界の超大国の1つになりつつあるブラジルの社会事情についても学ぶことができます。必要があればブラジルの公用語であるポルトガル語も同時に履修することができます。

スペインの歴史と現在を体験する 留学プログラム希望者のみ

2年次後期(4セメスター)4カ月間の「スペイン語圏留学プログラム」がスタートします。留学先は、地中海に面した近代的な都市にあるアリカンテ大学、そして、巡礼地として知られる世界遺産の街にあり、500年以上の長い歴史をもつサンティアゴ・デ・コンポステーラ大学です。いずれかの大学の規定のプログラムに参加し、学科で定める成績を収めた学生には、卒業要件単位として最大20単位を一括認定します。参加希望者は1年次後期からのインテンシブクラスを受講し、十分な事前準備を重ねたうえで留学に臨みます。

アリカンテ大学

バレンシア州アリカンテ県
アリカンテ大学は、外国人向けスペイン語コースが充実。日本人スタッフもいるのでサポート体制も整っています。近代的なキャンパスには多様な国籍、年齢の学生が集います。

サンティアゴ・デ・コンポステーラ大学

ガリシア州ア・コルーニャ県
サンティアゴ・デ・コンポステーラ大学のスペイン語コースは、世界遺産にも指定されている旧市街に近いキャンパスで開講されます。歴史ある街でスペインの伝統や美術を学ぶこともできます。

留学中の学費について

留学先の授業料、その他、留学にかかる費用は全て本人負担となります。留学先の大学ごとに学費が異なり、為替変動等によって変更の可能性もあります。
留学中(2 年次後期)の本学授業料及び施設設備資金は必要ありませんが、留学在籍料として 5 万円を納入していただきます。
※詳細は決定次第、神奈川大学のウェブサイトなどでお知らせします。